オープンソースに関する知識では日本で屈指の知識を有するであろう「moongift」運営者中津川篤司さんのレビュー記事を読んで、「理想のCMS」と方々で言われているCMS「Concrete5」をインストールしてみた。

まず、インストール。
筆者の環境では、インストーラーを走らせるだけで、インストール作業は完了したものの、日本語の表示に問題が発生。
調べたところ、DBへ正しく日本語が保存されていなかったので、MySQLへの接続の問題と判断。
drivers\adodb-mysql.inc.phpの371行目に
mysql_query( "SET NAMES utf8");
を追加。
以上で、文字化けの問題はクリアしました。

簡単に使ってみました。
コンテンツの管理という意味では、Adobe「Contribute」に近い印象を受けました。
WEBアプリケーションでこういったインターフェイスを実装しているのは衝撃。
これまで、なかなか一般の現場に任せられなかった、
いわゆるブログ以外のコンテンツ管理も任せられそうだ。
また、オープンソースで使いやすさと安定度を両立した(ブログ以外の)CMSはなかったが、
これは使いやすく安定もしている(ように見える。今のところ)
そういう意味で、個人的には、企業サイト構築を安価に済ませたい場合に利用したい。

ということで、個人的に応援している東海地区地元プロレス団体である「でら名古屋プロレス」「DEP」の2団体の応援コンテンツや動画コンテンツの構築に使ってみたいと思う。