最近、Filemakerの内容をエクセルへ書き出すということが増えてきて、
単純にエクセルファイルを出力するだけなら、FM単体でできるんですが、
罫線や計算式がすでに設定されたテンプレートファイルを用意しておいて、
そこへFMのDB内容を流し込むということはFM単体ではできません。

ということで、
ODBCでFMDBに接続

適切なSQLを発行してエクセルに出力したい内容を得る

エクセルをOLEとかで制御
という手段でエクセルファイルを出力したい。

VBAとかWSHを使えばできるんでしょうけど、
ADOでFMに接続して、エクセル起動して、
そのためにはDLLを呼び出してfasdlkdfjpaodfi:aoあうdsf…
と、まぁとてもめんどくさいわけですよ。

そこで登場するのがわれらがなでしこ
特に何かライブラリをインクルードしたりすることなく、
標準でADO接続したり、エクセル制御したりということができるようになっているので、
リファレンスどおりの命令文を使えば、
大体実現可能です。

が、ひとつ問題があります。
以前、なでしこからODBC接続で
FMのDBへ接続する方法という記事を書いたのですが、
ここを読んでもらえば分かるとおり、
FMへの接続はちょっと特殊です。

接続の下準備とか、SQL文の仕様はどうにもならないにしても、
接続するのに毎回UTFエンコードして,,ウダウダウダと接続文字列を作るのはめんどくせぇよぉ。
ってことで、FMのDBへODBC接続するための
なでしこ関数を作りました。

ここからダウンロードして下さい

使い方は、ダウンロードファイルに書いてあります。

※改変OKです。自作ソフトにバンドルの配布や販売もOKです。
 自己の全責任においてご利用ください。
※すみませんが、この関数のみの、再配布や再販は行わないで下さい。
※DB接続時、ハンドルをとらない仕組みなっているので、
 必要な人は、改造して利用してください。
※なでしこプラグインは未テストです。