私事ですが、ニセモノiPadと噂の商品を購入予約しました。
 
ニセモノiPadとはいっても、7インチHD液晶採用でOSはAndroidを採用している商品で、
操作性や見た目はなんとなくiPadといわれればiPadなんですが、
実際のところはAndroid端末なだけで、iPadのニセモノとは又少しちがうかなぁと思ってます。
早くこないかわくわく。
 
ということで、Androidがどんなものがわかってないので、
VMWarePlayerにインストールしてみました。
 
まず、
http://www.android-x86.org/download
ここでStableReleaseのisoファイルをDLします。
 
続いて、VMWareで新規仮想マシンを作り、
そのときにDLしたisoファイルをインストーラーとして指定します。
 
AndroidはLinuxカーネルをベースとしているので、
VMWareではFreeBSDとして認識されるようです。
FreeBSD用のツールをインストールするか?と聞かれますが、
それを入れて動くかどうか分からなかったので、今回はパスしています。
 
インストールの際パーティション設定などの手順が必要です。
まぁ、WindowsやLinuxをインストールしたことがあれば、なんとなく意味はわかるはず。(英語だけど)
 
パーティション設定が終われば、インストールがすぐに終わります。
さすがモバイル用の軽量OSめっちゃくちゃインストール早いです。
 
で、起動。
 

↑デスクトップ(?)画面

↑アプリケーションや設定がまとめられたタブ。
 
 
Androidまだ全然使ってないけど、
タッチパネルガジェット用のOSとしてはかなり完成度高いんじゃない?
iPhoneOSとは向いてる方向が違うんだろうけど、
iPhoneOSに負けてない!っていうか下手すると勝ってるところもあるかも!?
 
Android使った、日本のメーカーの携帯電話や、
中国製の「ニセモノiPad」など、
正直いい噂を聞くものがほとんどない。
(私が予約したニセモノiPadは概して評判がいいので予約した)
 
せっかくいいOSなんだから良いハードも作れよー!特にソニー・エリクソン!
 
余談ですが、iPhone4も買う予定なので、
iOS4とAndroidのハイブリッド開発者になってやる!(勢いのみ。笑)