こちらでSeezooCMS用のWiki記法ブロックを公開しているわけですが、
これを作った理由が、おそらくみなさんの役に立つのではということで、
Tipsを書いておきます。
 
SeezooにはWYSIWYGなHTMLブロックなど必要な機能はひと通り揃っていて、
企業の担当者レベルで非常に更新のしやすいシステムですが、
一個だけ不満が。
それがテーブル作成でした。
 
WYSIWYGなHTMLエディタには、テーブル機能が搭載されておらず、
HTMLコードを直で書かないといけない。
そして、一般担当者レベルでは、表組みはテーブルが一番分かりやすい。
 
ということで、何か簡単にテーブルを書ける方法がないかということで、
作ったのがwiki記法ブロックです。
 
wiki記法ブロックに

||セル1||セル2||
||セル3||セル4||

と書けば、

<table>
<tr><td>セル1</td><td>セル2</td></tr>
<tr><td>セル3</td><td>セル3</td></tr>
</table>

と自動で出力してくれる。
 

||~セル1||セル2||
||~セル3||セル4||

と書けば

<table>
<tr><th>セル1</th><td>セル2</td></tr>
<tr><th>セル3</th><td>セル3</td></tr>
</table>

と自動で出力してくれる。
 
という仕組みです。
 
どうですか?これならHTMLわからない人でもテーブルを簡単に書けます。
 


ただ、ここまでの説明だと、飾りっけのないテーブルになってしまいますので、
本日のバージョンアップで任意のidとclassを振れるようにしていますので、
例えば、テンプレート用CSSやカスタムCSSに

.wikiclass table {
 margin: 0px;
 padding: 0px;
 background-color: #FFFFFF;
    border-spacing:0px;
    border-collapse:collapse;
    empty-cells:show;
    width:100%;
    border-top:1px solid #663300;
    border-left:1px solid #663300;
    background-color: #FFFFFF;
}
.wikiclass table td {
    border-right:1px solid #663300;
    border-bottom:1px solid #663300;
    padding:3px;
    margin:0px;
}
.wikiclass table th {
    background-color: #F6F6F6;
    border-right:1px solid #663300;
    border-bottom:1px solid #663300;
    padding:3px;
    width:30%;
    margin:0px;
}

と書いておき、classに「wikiclass」を設定すれば、装飾のされたテーブルを表示できるようになります。
 
どうですか?地味だけど便利でしょ?
 
ご活用ください。