@ahomuさんのブログ記事「LL言語と学習方針を考えてみた」にインスパイアということで。

まず最初思った。私も「LL言語」って言葉使っちゃうんですが、
LL = Light weight Language
なので「LL言語」は重複表現ですな(^-^;

私がLLというものに触れたのが、現職についてから、
Perl/CGIの更新に触れるようになってからですね。
その後PHPやJScriptをいじるようになって、
最近では、not JScriptなJavascriptも触るようになってますし、
LLといっていいかわかりませんが、
なでしこも登場の頃から触っています。
 


Perl

私にとってはLLに一番最初にふれた言語で、
未だにPerlで学んだ知識を他の言語に落としこむというスタイルで
学び、そして仕事をするというスタイルでやっとります。

Perlは私にとっては先生ですね。
WEBの人たちには「死んだ言語」とか「枯れた言語」とか言われて、
「使う意味がわからん」とか言われるんですが、
WEBでよく使われるPHPよりギークと呼ばれる人たちが多く使っていて、
しかもその方々がWEBに関わっているので、
そういった方々の実装とかが非常に勉強になるのです。
 
・使用領域
WEBにおいて、表側に見える処理では最近は殆ど使いません、、、
今後ますます減ると思われます。
しかし、今後は
主にサーバーでのバックグラウンド処理や、
ローカル側でのツール作成などで活躍な予感。
非常によく使うPHPの世界では、
ライブラリリポジトリがいまいちだったり、
ギークと言われる人々の少なさから、
Perlのライブラリを使ってしまったほうが楽だったりすることが多いので、
そういった所で使っていこうかなと。
 
 
・環境
言語環境としては、BSDやLinux系なら、ほぼ初期設定で入っているので、
気にすることはないです。
開発環境としては、テキストエディタで十分ですね。
自作の元カノの名前がついてしまっている謎の内製フレームワークで取り回してますが、
WEB用途ならArkを使っていくのがいいかなと。
 
 
・今後
正直モダンなPerlの書き方を追っかけていない現状。
Perl自体が様々な書き方ができて、それを善とする言語なので、
古いまま書いてるのですが、
そういうわけにもいかないなと。。。
 


PHP

WEBの表側に出力する処理には、ほとんどいま、PHPを使っています。
個人的には言語というより、WEBのためのフレームワークとかツールという感覚で使っています。
でないと、どうしてもPHPをdisってしまいそうになります。

 
・使用領域
完全にWEB用ですね。
コマンドでも使えるので、バックグラウンド処理などにも使えますし、
MS-WindowsならGUIアプリの構築にもつかえるのですが、
取り回しや設定がめんどくさくて使えないと思いました。
徹底してWEB用のツールです。
 
FWは 内製のFWとライブラリ群の中間のようなものを使っていたのですが、
すこしオープンにしなければならない立場になり、
ちゃんとしたFWを探しました。
前述のとおり、私はPHP自体がFWだと思っていて、
そこにいわゆるMVCモデルのようなFWが乗っかるのが激しく気持ち悪いと思ってまして、
ちょうどいいのがないかなぁと思って見つけたのが、CodeIgniterです。
今後はCodeIgniterを軸足に開発をしていくことになると思います。
 

・環境
これまでWindowsではEmEditor、Macではmiで書いてました。
単体ファイルの処理はこれまでと変わりませんが、
プロジェクト単位での仕事はAptana3で行うことにしました。
 
・今後
CodeIgniterをもっと勉強するのがひとつと、
やっぱり、PHPもよりモダンな書き方を勉強していくこと、
あと、速度や軽さというものに注目していくことが課題。
あと、PEARとかPHP Classeesなど、
ライブラリリポジトリがどうしてもショボいと思うので、
自作のライブラリをいっぱい創っていきたい。
 
 


Javascript

まぁ2011年はJSに始まりJSに終わる年なんじゃないかなと思うわけで、色々勉強したい。
私のJS人生の始まりは、JScriptという、異色な私。
ぶっちゃけあまりWEBにおけるJSってのはあまり触ったことがなく、
JQueryに頼りまくってた時期もあるのですが、
seezoo cmsを触るようになって、
seezoo用のJSライブラリである、Flintを使ったとき、
同じ処理で、jQueryより、「体感速度レベル」で速度アップしたことに驚愕。
jQuery自体が「軽量」を謡いながら規模が大きくなっていることに気づき、
prototype.js Flint uupaa.js
などに注目。jQueryをなるべく脱却したいと考え中です。
 
・使用領域
主にWEBのクライアント側処理とDOM処理がメイン。
あとWindowsのバッチ処理にJScriptはやはり便利です。
 
・環境
PHPと同様。
AptanaでのJS編集はかなりしやすいな。
 
・今後
関数志向であるJSならではの挙動をマスターしたいところ。
あと、DOMの操作言語としての側面も強いので、
JSを通して、各WEBブラウザの挙動の違いや、
DOMの考え方の違いも学びたいところ。
 
 
 


なでしこ

私、伊藤清徳といえば「なでしこ」と思ってる方も結構いらっしゃると思います。
正直PHPをはるかに超える、いい加減仕様が目立つ言語で、
プログラミング言語というより、マクロ言語という感覚ですが、
Windowsで簡単にツールをつくろうと思うと、最強の言語です。
 
また、Windows版のFileMakerでは、なでしこの存在は重要ですので、
FileMakerデベロッパーを名乗る私にとっては必要不可欠な言語です。
 
なでしこの面白いところは、VBScriptやJScript そして Lua という
3つの言語を内包していること。
言語を通して言語を学べるというわけです。
 
・使用領域
定型処理・FileMaker処理専用です。
一応CGIが作れるのですが、Windowsサーバーが嫌われる日本においては、
あまり使わないかぁという感じ。
 
・環境
なでしこ付属のエディタ一筋で。
 
・今後
現在なでしこのバージョン2の開発が進んでいて、
現行なでしこはバグフィックスのみのリリースになっているので、
この期間の間に、なでしこの各命令の挙動をマスターしておきたいところ。
 


その他。
Rubyは利用が広がると思われるので、地味に学習しておきたい。
 
現在のところコマンド処理を極端に嫌うダメプログラマなので、
ちゃんとGNUコマンドとか環境構築とかもやりたい。
SQLもどうにかしないと…。
 
って感じ。成長がとまらないようにせねばな感じ。