伊藤清徳の垂直落下式ムーンサルトプレス

PerlとかPHPとかMySQLとか...がんばっても8割だ。

iPhoneで簡単にバーコードリーダーを作る方法

今回はiPhoneで簡単にバーコードリーダーを
HTMLベースで作成する方法をメモ。
 
iPad iPhone iPodTouchではiOS4から、
URIベースでできたアプリケーション間メッセージングプロトコルの仕組みが導入されました。

これに合わせてpic2shopというバーコードリーダーアプリケーションに、
このプロトコルに合わせたAPIが導入され、
pic2shopを、バーコードリーダーの端末として扱えるようになっています。
 
注意点として、
pic2shopは、QRコードを始めとする二次元コードには対応していません。


iOSのメッセージングプロトコルは

アプリケーション://API関数(?=パラメータ)

という非常にわかりやすいURL構造でできています。
HTMLアプリケーションを作る場合は、
そのままこのURIを aタグのhrefに設定していまえば、
指定したアプリケーションが起動します。


pic2shopのAPIでは、
 

pic2shop://scan?callback=コールバック

 
というAPIを指定しておけば、リンクをクリックしたときに、
バーコードスキャナが起動する仕組みです。

コールバックの部分には、
同じくURIメッセージングプロトコルの書式をURIを記述(URLエンコードをします)すれば、
スキャン後、今度は、そちらのメッセージングが実行されます。

読み取った結果は「EAN」という文字列を、
コールバックに埋め込んでおけば、
読み込んだ結果に置き換えてコールバックを実行してくれます。

たとえば、

<a href="pic2shop://scan?callback=http%3a%2f%2fhogehoge%2ecom%2fhogetest%2ephp%3fcode%3dEAN">
スキャン
</a>

こんなHTMLを作って、Safariでこのページをロードして、
「スキャン」というリンクをクリックすると、
pic2shopのスキャナが起動。
読み込みが完了すると、
「http://hogehoge.com/hogetest.php?code=読み込み結果」
というページがSafariで表示されます。

このURLをJSなりPHPなりでパースして
読み取り結果をキーとして、
DBからデータを引っ張るなどすれば、
結構複雑なアプリケーションも、
無料ツールで しかも HTMLベースで構築可能になります。

このメッセージングの機能はobjective-Cからも利用可能なようで、
pic2shopのマニュアルに詳細があります。

iOS端末でこういった機能が簡単に作れれば、
エンターテイメントな面の端末としてでだけでなく、
かなり実務的というアプリケーションの安価開発の可能性も
広がるのではないでしょうか。

2 Comments

  1. 伊藤清徳の垂直落下式ムーンサルトプレス » Blog Archive » iPhoneで簡単にバーコードリーダーを作る方法

  2. Pretty component to content. I just stumbled upon your blog
    and in accession capital to say that I acquire in fact loved account
    your weblog posts. Anyway I will be subscribing in your augment and even I fulfillment you get
    entry to constantly quickly.

コメントを残す

Your email address will not be published.

*