前職のボスがいつもいうことがあります
「バカはバカとして付き合わないとだめなんだって」
含蓄に富んだ言葉です。
 


独立してからの経験ではっきりと言えるのは
どんな商売でも、その商売の客になり得る人というのは、
その商売をしている人から見れば「バカ」に見える。
ということです。

まぁ当たり前な話ですね。
プロ世界と、それ以外の人の世界というのは、その差はでかい。
見方によっては「バカ」に見えても仕方ないです。


その状態のまま商品やサービスを売っていたらどうでしょうか。
客の側から見れば「わかりづらい」ままだし、
人によっては「なんて高飛車な商売だ」とすら思うでしょうね。

もっとはっきり言えば、客の側から見れば、
その商売をやっている人も「話の分からないバカ」ってことです。

バカ同士がバカにしあってる状況です。


前職のボスはそのことは「仕方ないことだ」と割りきって、
客のほうに近づいているんだと最近気づきました。

なかなかお客さんのほうから、歩み寄ってくることは
「まずないです」

言い方は悪いですが、
何かしらの形でお客さんを「教育」するところから始めないと
本当の意味で、何かの価値にお客さんが気づくことはないと思います。
 
ボスはそういうことを肌感で実践してるんですね。


僕らのようなWEBに関わってる人間が、
お客さんのレイヤに下がっていて、
お客さんの分かるような提案ができているのか。
考えないといけない言葉だと思います
 
「バカはバカとして付き合わなければならない」