マイカフェというコワーキングスペースの代表の田中とかいうおじさん(実際は僕より年下だけど)が、僕の写真をいっぱい乗っけた記事を書いてくれたのでAnswer記事だコラ!タココラ!


コワーキングスペースってなんぞ

wikipediaによると>>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

すごく感情の入っていないことばでいえば
「コミュニティ付きのシェアオフィス」
なんすけどね。
 
マイカフェはその一言では片付けられないのですよ。宣伝みたいだけど。
 


田中とかいう人

このマイカフェの代表が「田中」ってヤツでしてね。
僕とこの人が出会ったのが、2年くらい前ですか。
マイカフェで開催されていたストリートファイター2の大会に呼ばれていったところで出会いました。
 
そこから半年くらい、名前を覚えてもらえずスト2大会で僕が使っていた「バルログ」から、
僕は「バルログさん」と呼ばれていたわけです。
 
まぁコワーキングって何かよくわからなかったし、そこから得られるメリットもわからなかったし、
「田中さんよ。あんた一体何者よ?」
みたいなところもあって。
 
でもだんだん、この田中って人の味がわかってきてね。
マイカフェの会員にならないまでも、アドバイスを受けたりしてもらったり。
そんなこんなで変な友情が芽生えているわけですよ。
 
マイカフェさんは12月に3店舗目となる「錦通店」をオープンしました。
その店の開店と同時に、僕はついに口説き落とされて、会員になったわけですが、
まぁそれは置いておいて、
この錦通店オープンのレセプションがあったんですよ。
そのときに、来賓の方々の挨拶が次々と行われて、
みなさん口をそろえておっしゃるのです。
 
「マイカフェ = 田中イズム」
 
だと。
 
つまりはですね
マイカフェ ≒ コワーキングスペース
マイカフェ = 田中イズム
なんですね。
 
田中とかいう人のフィールドの中で、僕たち会員がコミュニティを作っている。
そんなイメージです。
 


競争とかそういうことじゃない

 
マイカフェさんの中の意識の実情は知りませんよ。
あくまで、僕が会員として思ってることですが、
結局のところね、商売って競争を意識した時点で負けですよね?って常々おもっているわけです。
自分のイズムに共感してくれる方々が顧客で、
その顧客をただひたすらにケアしつづけるのが商売なんじゃないかって。
 
Apple信者にMS-Windowsの良さをひたすらに説いても仕方ないし、
ホンダ信者にトヨタ車の良さを説いても仕方ない。
 
だって、そこには共感はないから。
信者は、その企業や事業者と共感してる。
それを覆すのは、ある意味顧客の信念を潰すようなやり方でもあります。
 
田中イズムってこういうのに通じてんじゃないかなーって。


 
 
あれ?なんか締まらなくなってきたな。とりあえずさ、田中さんよ。いやマイカフェさんよ。一緒におもしろいことやろうや。