去る2015年10月18日に、中学の同窓会がありました。
5年に一度同級生全員を対象とした同窓会で、
僕の代では同級生300人以上を対象とした同窓会です。
卒業校は愛知県の「ダイナマイトシティー」知多郡武豊町の武豊中学です。
(大爆発事故を起こす程の火薬/爆薬工場があるのでダイナマイトシティーです)
 
一般的には同窓会というと数十人くらいを目標にした居酒屋をつかったこじんまりとしたものですが、
僕たちは、同窓生半数150人程度の出席を目指している大掛かりなものです。
ちょっとその話をしようと思います。
 


やると決める中心人物の存在

fixer平山氏
これが僕たちの同窓会のフィクサーである平山氏です。
(本人の希望により顔は半分隠しています)
 
僕と彼との関係を話しておくと、
彼とはたしか10才くらいからの付き合い。
実は通っていた小学校は違っていたけれども、
どういうわけか仲良くやってかれこれ25年くらいです。
親友というよりは、理解者というほうが正しいそんな関係です。
 
平山氏は実直な性格で、何事も理路整然と、首尾よくこなし、
やると思ったことは、人をうまく使いながら、最後までやり切る男です。
(僕とは色んな意味で正反対の人物かもしれません)
 
5年に1回となった僕たちの同窓会の発端は、彼の発案でした。
(実際はやろうという話は持ち上がってましたが、実際にやるといったのは彼)
 


やるからには本気で

第一回目の開催時には、平山氏の首尾良い準備により、
全8学級あったクラスのほとんどのクラスから、
実行委員メンバーを出すことができました。
これにより、スタート時点からある程度の人数の出席は確保ができました。
 
加えて実行委員のメンバーを少し多めにしたことで、
実家への電話作戦により、つながりを保っていない同級生への連絡も、
大変ながら効率よくできました。
 
とはいえ、いきなりの実家への電話で怪しまれることも多かったようで、
実行委員メンバーの苦労がうかがえますが、
こんな経験、他ではなかなかできることではないので、よかったのでは。
 
本気の人集めをしたら、110人を越える参加者をあつめることができました。
残念ながら2015年の今回は、用事が重なることが多く
その人数には届きませんでしたが、それでも80人は来てくれました。
当初の努力がなければ、今回の参加者はもっと少なかったのでは?と思います。
 
というかそもそもにおいて、5年に1回全同級生を対象にということ自体がなかなかないので、最初スタートを切ったところの本気が全てでしょう。
 


平山氏曰く「場所だけどうにかできれば」

平山氏がフィクサーとして数回実行してきて言えることは
「場所だけどうにかできれば」とのこと。
 
僕たちの場合は武豊町の劇場「ゆめたろうプラザ」を利用しています。パーティー会場として向いているわけではないですけれども、その分人を入れるのにちょうどいい広さをもっていて、劇場なので、舞台設備が整っている分、歓談だけで終わるのではなく、様々な仕掛けで、同窓生の交流の場にできます。
 
その分料理の提供にはこまることが多いのですが、実行委員と出席者のあたりだけつけることができれば、その人脈をつかってどうにかこうにかできます。
 
鯛がいますよ!
僕たちの場合はなんと鯛の尾頭付きでございます。
人脈を通じて、知多郡阿久比町にある「徳川」様にご協力いただきました。
 
実行委員ひとりひとりや、平山氏が何か特別な能力をもっているかといえば、
失礼な言い方かもしれないですが、
特別なにかすごい権力や人脈をもっているわけではありません。
ただただ「やろう」と思っただけです。
 


参加者にはすごいひとも

毎回ぼくたちが参加者を集められるだけ集めてよかったと思うのは、
やはりたくさんの人がいまどうしているのかを知ることができるから。
 
結婚は?お子さんは何歳になった?みたいなことから、えっ!?お前そんな仕事してんの?すげえじゃん!ってことまで。
 

  • 経済産業省を退庁したあと弁護士になったやつ
  • ゲームアプリをガンガンつくってるやつ
  • 有名スウィーツ店のオーナー夫人
  • 母校の中学で教師やってるやつ
  • え?君あいつと結婚したの?
  • そっか東京にいるのか!え?それ僕がいつも出張で行くとこのすぐ近くじゃん

 
などなど。気持ちが動かされることが、たくさん詰まっています。
 
今回の同窓会に来てくださった、恩師の先生のひとりが
「ちょうど僕が君たちの担任だったときは、
 君たちの今の年齢より若かったはず」
と言っていました。そうか…そうなれば、これだけの人数が集まれば、
いろいろな人が出てくるもんです。
 
そういうことに触れる機会がないというのは、
なんとなくもったいないなと思ったわけです。
 


で、ところで、有名スウィーツ店って?

同級生の女の子が、愛知県の瀬戸市と尾張旭市にある「栄泉堂(EISENDO)」のオーナーとご結婚され、旦那様と二人三脚で頑張って、ヒット商品を出しています。

http://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23009411/
http://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23050872/
 
おっと!尾張旭のお店のほうは、僕のクライアントさんの「ティーズリンアン」さんの競合じゃないかw
 
昔は、この女の子をいじって遊んでいたものですが、、、なんかごめんなさいです。
そんな反省も同窓会ならでは。


で、あんたは何したのよ?

実は僕は、同窓会実行員のメンバーではありません。
が、僕はあまりコミュニケーションを取るのが得意なほうではなく、
そんなことを知ってか平山氏が、
エンドロール作成などの役割を与えてくれます。
さすがですね。
 
当初は作成をしておいたエンドロールをDVDで流す形をとっていたのですが、
今回は、その場でとった写真をエンドロールにいれて流すという、
結婚披露宴でよくあるアレの方式を採用しています。
 
おいら
 
同窓会でこんな写真を残せるのも平山氏のおかげでしょう(仕事してる姿とかわんねぇじゃねぇか!というツッコミはしないでください。
 


人生やったもん勝ちだぜ

もちろん大変は大変ですよ。それでもやったもんがちだぜ人生は。
みんな本気の同窓会やろうぜ。
(というわけで小学校のやつも再来年位にやってみたいな)
 


参加してくれた同級生のみんなへ

参加してくれた同級生もきっとこの記事をみていることでしょう。
今回はどうでしたか?みんなと話せましたか?あの時好きだった、あいつと話せましたか?先生と話せましたか?ぼくは大体できたと思っています。
次は40歳になる2020年を予定。そのときもぜひ来てね。


追伸

優良物件である、繰り返し出てきている平山氏の嫁候補をさがしております。
どなたか、いらっしゃいましたら。