この記事は2015年初恋アドベントカレンダーのために書いた記事です。
 
昨日までが、GOUTENさんの3部作で、そのあとってことで強烈にやりにくいですが、まぁ書いてみます。
 
すっごい昔のはなしで、結婚しているいま、妻にも申し訳ない思いで書きます。
 


はつこい

えっと、みなさんは初恋っていつくらいなんですかね。
幼稚園?小学校低学年?中には18才なんていうお嬢様もいるでしょう。
 
ぼくの場合「これなんだ?」ってなったのが、小5のはじめ。
周りの人の話を聞く限りこれが恋愛ってやつだと気づいたのが、小5の夏です。
小学校ずーっと同じクラスで、
ずーっとぼくが男子の名簿順筆頭、彼女が女子の名簿順筆頭という間柄で、
要するに、学年が上がると数ヶ月は必ず席がとなりという関係でした。
 


彼女は

彼女は頭脳明晰、スポーツもできて、
見た目のことは小学校のときはあんまり気にしてなかったけど、
今になって思えば、中の上?(なんて上から目線なんだw)。
決して底抜けに明るいわけではないけれども、心優しい女の子でした。
小1のときは、最初から同じクラスだったわけでなく、
親の転勤で小1の夏休み明けに、海外から帰ってきた帰国子女だったと記憶しています。
 
まぁですね要するにですね、高嶺の花なんですわ。
 
でも、ぼくはそういう世間的によしとするところを好きだったという記憶はなく、
いつもちかくにいて感覚がとても合うという感じだったという記憶はしています。
 


ところがですね。

小学校5年くらいになると、林間学校やら修学旅行やらで、
泊まりがけでどこかに行くという学校行事も出てきます。
 
そこであるのは「ねぇねぇだれがスキなの?」みたいなやつだよね。
男女それぞれに。
 
そこでわかったことが、どうもいわゆる「両思い」ってやつだったわけです。
 


当時のぼくは

当時のぼくは、いわゆる肥満児で、小学生のころの貴乃花親方のような体型。
いまでもそうですが、きわめて運動神経はにぶかったです。
今のぼくに照らし合わせて考えると、
これもまたウソのようなはなしかもしれませんが、
極度にシャイで家から出るのがイヤで、
特定の誰かとしか遊びたくないという感じのこどもでしたね。
小学校の花型男子といえばドッジボールができてかけっこの速い男の子。
ぼくの地元でも、例に違わずで、そういう男子がモテていました。
が、その中でぼくが?という感じも。
いまになっても不思議で仕方ないです。
 


でもですね

ぼくの地元はとっても田舎。
名古屋市のベッドタウンとして発展している町ですが、所詮は田舎。
しかも25年も前のはなし。
小学生の両思いなんていうのは、とてもセンセーショナルなんです。
 
汚いはなしですが、よく小学生にうんこをする権利はない。なんてはなしがありますが、
それに近いものがあり、
かなりからかわれました。。。
 
彼女も相当つらい思いをしたと思います。
ごめんなさいを何回言ったら良いかわからないくらいです。
 


ぼくは救われた

いきなりはなしが飛びますが、ちょうどその頃。
ぼくの実家は破綻しました。父のお店が借金まみれであることがわかりました。
ぼくの母は元来、動揺することはなく、かつ奔放で、いつでもどっしりと
ぼくたちの前に立ちはだかる母なんですが、
あの頃は、母は動揺し、時にはつらい思いを口にすることもありました。
ぼくの仕事におけるコンサル方針はこの頃の経験をもとに考えるくらい、
たった35年しか生きていませんが、とても大きなできごとの一つです。
 
両親は離婚するのか?家を出ていかなければならないのか?
を考えたり、
何も知らずにとった電話が借金の取り立ての電話だったりと。
 
まぁおおよそ普通の小学生では体験できないような苦痛です。
小学校中学校の頃の、諸先生方にはこの点をご考慮いただき続けて、
いまでも本当に感謝の念しかありません。
 
おっと、閑話休題。
こんな時期に、その女の子のことをはじめて「好き」と思ったのです。
偶然なのかなんなのか、彼女も好意をもってくれていたようで、
ぼくの小さな変化に気づいてくれていました。
極力明るく家の話題は学校では話していませんでしたが。
どういうことで変なのかはわかっていなかったようですが、
事あるごとに声をかけてくれたり、家に来てくれたり、
妹にまで気を使ってくれたこともありました。
 
ほんとうに救われましたよ。
ありがとうも何回言っても感謝になりません。
 
 


例に違わず

初恋というのは実らず終了するものです。
それで良いのです。
 
どうやら彼女は優秀な大学を卒業し、有名企業に入ったらしい話は聞いています。
きっと幸せな家庭生活をしているか、
はたまたバリバリのキャリアウーマンとして活躍しているかでしょう。
 
いまは残念ながら、ご実家も地元を離れたようで、
1人2人はさめば所在はわかっているものの、
直接の連絡はとれないため、詳細は不明です。
 
ただただ、当時の思いを書くために、この記事。
いつかどこかで届けばいいですが。