CentOS7 + PleskOnyxな環境をはじめて借りてハマったことをメモ

イニシャルではApacheモジュール版PHPがうごいていない

Pleskではすこし前のバージョンから

  • PHPの動作モード
  • PHPのバージョンを選択

できるようになっていますが、PleskOnyxでは、PHPの動作モードが

  • FAST CGI
  • FMP

のみになっており、あれ?Apacheモジュールは???となりました。
サーバーを借りたクララオンラインさんに、サポートをおねがいしたところ
http://faq.clara.jp/index.php?solution_id=1350
をご紹介くださいました。なーるほど。Pleskはもともといろーんなものがモジュール化していますが、
mod_php自体もモジュールなんですね。


CPANモジュールが共通ライブラリディレクトリにインストールできない

sshでログインした際に自動的に環境に

  • PERL5LIB=/ユーザーディレクトリ/perl5/lib/perl5:
  • PERL_MB_OPT=–install_base /ユーザーディレクトリ/perl5
  • PERL_LOCAL_LIB_ROOT=:/ユーザーディレクトリ/perl5
  • PERL_MM_OPT=INSTALL_BASE=/ユーザーディレクトリ/perl5

がセットされる。
これに気づかずに3時間なやんだ。とっとと
perl -V
してれば気づいたのに。。。

これら環境変数を削除した上で、CPANインストールすればよろし。


cgi-binディレクトリが有効になっていない

まぁPerl/CGIとかRuby/CGIとかやんなやって話ですが、昔の枯れた技術というのはとても有用でしてね…
で、イニシャル状態では、公開ディレクトリにcgi-binディレクトリがあって、
そっちが有効になっているんです。昔良くあった構成

/ユーザーディレクトリ/cgi-bin/
/ユーザーディレクトリ/httpdocs/

って言う構成がとれないわけです。
ので、ふるいサイトを移行するとちょっとめんどい。

/ユーザーディレクトリ/httpdocs/cgi-bin/

の中に格納すればいいわけですが。


1個1個はどうってことない話ですけど
勘がない環境だとハマりますね。って言うメモです。