どうもどうも。今年はそこそこブログを書いています。体調が戻ってきました。よかったよかった。決して万全ではないのですが、1年近く体調がわるかったので、まぁそのいろいろアレです。

ところで、PHPerのみなさん。
たとえば、管理画面でメールテンプレートを管理するような場合、
そのテンプレートをどう処理するか、結構悩みますよね。

同じようなかんじで、WordPressなんかで、囲みタグ型のショートコードでループをさせたいときとかもかなり悩みます。

よくある例だと、

  1. 管理画面からテンプレート編集
  2. POSTされたデータをDBに保存しつつ、テンプレートエンジン用に、ファイルにも保存
  3. 出力時に保存されたファイルをテンプレートエンジンで処理して出力

というような手順でしょうか。
まぁ悪くはないですが、セキュリティに気をつけなければいけないとか、結構手間取りますし、ファイル出力だと手軽さがなくなります。

今回はWordPressのショートコードでどうしようかなーと思ったときの対処をメモ代わりに。

やりたいこと

前提条件です。

  • WordPressの囲みタグ型ショートコードをテンプレートとして扱いたい
  • テンプレートエンジンとして動かしたいが、PHPを書くのや、Smartyのようにファイル処理を前提としない
  • 条件分岐はとりあえずいらないがループはある

という前提条件で、具体的には

[get_product_categories category="カテゴリ名"]
<ul>
    {categories}
    <li>
        <a href="{category_url}">
           {category_name}
        </a>
    </li>
{/categories} 
</ul>
[/get_product_categories]

こんなショートコードを書いてもらってテンプレート処理をしたいわけです。
囲みタグ型のショートコードについてはみなさまが書いているので、そちらをご参考に

まぁ普通にやれば

このような条件を満たそうと思うと、難しいコードでもないので、自分で簡単なテンプレートエンジンを書いてもいいとは思うのですが、いまいち気乗りがしません。自分で書くとすれば、正規表現を書いて、ゴニョゴニョとするところではありますよね。

そこで!Codeigniterの簡易パーサークラスをぱくってきます

Codeigniterには条件分岐はないですがループに対応して、ファイル処理なしで実行できる簡易テンプレートンジンがついています。これが使えないかと思ってソースを見たところ、Codeigniter本体にはほとんど依存していないことがわかり、少しの書き換えで対応ができることがわかりました。

四の五の言わずにコードを晒せ

はい。

<?php
class CI_Parser {

    /**
     * Left delimiter character for pseudo vars
     *
     * @var string
     */
    public $l_delim = '{';

    /**
     * Right delimiter character for pseudo vars
     *
     * @var string
     */
    public $r_delim = '}';


    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Class constructor
     *
     * @return void
     */
    public function __construct(){
    }

    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Parse a template
     *
     * @param  string
     * @param  array
     * @param  bool
     * @return string
     */
    public function parse( $template, $data, $return = FALSE ){

        return $this->_parse($template, $data, $return);
    }

    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Parse a template
     *
     * Parses pseudo-variables contained in the specified template,
     * replacing them with the data in the second param
     *
     * @param  string
     * @param  array
     * @param  bool
     * @return string
     */
    protected function _parse( $template, $data )
    {
        if ($template === '')
        {
            return FALSE;
        }

        $replace = array();
        foreach ($data as $key => $val)
        {
            $replace = array_merge(
                $replace,
                is_array($val)
                    ? $this->_parse_pair($key, $val, $template)
                    : $this->_parse_single($key, (string) $val, $template)
            );
        }

        unset($data);
        $template = strtr($template, $replace);

        return $template;
    }

    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Set the left/right variable delimiters
     *
     * @param  string
     * @param  string
     * @return void
     */
    public function set_delimiters($l = '{', $r = '}')
    {
        $this->l_delim = $l;
        $this->r_delim = $r;
    }

    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Parse a single key/value
     *
     * @param  string
     * @param  string
     * @param  string
     * @return string
     */
    protected function _parse_single($key, $val, $string)
    {
        return array($this->l_delim.$key.$this->r_delim => (string) $val);
    }

    // --------------------------------------------------------------------

    /**
     * Parse a tag pair
     *
     * Parses tag pairs: {some_tag} string... {/some_tag}
     *
     * @param  string
     * @param  array
     * @param  string
     * @return string
     */
    protected function _parse_pair($variable, $data, $string)
    {
        $replace = array();
        preg_match_all(
            '#'.preg_quote($this->l_delim.$variable.$this->r_delim).'(.+?)'.preg_quote($this->l_delim.'/'.$variable.$this->r_delim).'#s',
            $string,
            $matches,
            PREG_SET_ORDER
        );

        foreach ($matches as $match)
        {
            $str = '';
            foreach ($data as $row)
            {
                $temp = array();
                foreach ($row as $key => $val)
                {
                    if (is_array($val))
                    {
                        $pair = $this->_parse_pair($key, $val, $match[1]);
                        if ( ! empty($pair))
                        {
                            $temp = array_merge($temp, $pair);
                        }

                        continue;
                    }

                    $temp[$this->l_delim.$key.$this->r_delim] = $val;
                }

                $str .= strtr($match[1], $temp);
            }

            $replace[$match[0]] = $str;
        }

        return $replace;
    }

}

Codeigniterのコントローラーオブジェクトに依存しているところなどを削って純粋にclassとして動くようになっています。

じゃWPで動かしてみよう

functions.phpあたりで、上記ファイルをrequireして

add_shortcode( 'get_product_categories', 'get_product_categories');

functionget_product_categories( $atts, $content = null ){

    //このへんで適当に引数処理してね    
        
    $parser = new CI_Parser();
    $args = array( ここに適当に条件かいてね );
    $the_query = new WP_Query($args);
    if (!$the_query->have_posts()) {
        return '';
    }
    
    $data = array();
    $data['categories'] = array();//ショートコードのループタグと名前を合わせる
    while ( $the_query->have_posts() ) {
      $the_query->the_post();
      $set = array(
        'category_name' => get_the_title(),
        'category_url' => get_the_permalink(),
      );
      $data['categories'][] = $set;
    }
    wp_reset_postdata();
    
    
    $content = $parser->parse( $content, $data );//最後にパースする。
    return $content;
}

とでもしておけば、簡単ね。

多分改造でifくらいはいける

上記の通りCodeigniterのパーサーはシンプルにできてます。
たぶん改造すればifくらいは余裕でかけると思います。
が、他方、毎回実行時にパーサーが走るわけなので、決して軽くはありません。
使い所見極めていきましょう。

なお、Codeigniter3.xはMITライセンスなのでOKですが、2.xまでのコードを使う場合は独自ライセンスなので、扱いに気をつけてください。

現場からは以上です。