伊藤清徳の垂直落下式ムーンサルトプレス

PerlとかPHPとかMySQLとか...がんばっても8割だ。

Category: その他

amazonギフト券

amazon
先日のWCAN 2009 SUMMERのレポのお礼(?)のamazonギフト券が届いたよー!わーいわーい♪
他のみなさまのレポはこちらに
WCAN運営の方々、ありがとうございます。

autocomplete属性

IEなどメジャーなWEBブラウザ「オートコンプリート」のような、
自動入力支援機能がついていることが多いです。

一度送信した<form>の内容を記録しておいて、
後日同じフォームを表示したとき、
自動入力したり、入力候補を列挙したりという機能ですね。

便利とも危険ともとれる機能なので、
使う人使わない人様々でしょう。



で、特にオートコンプリートをオフにしてないのに、
オートコンプリート機能が効かないページがあります。

で、まぁどうしたらいいもんかと悩んでいたら、
HTMLに「autocomplete」属性なるものが存在すること知りました。

前もって記述しておきますが、
HTMLコーダーならすでにお気づきかもしれませんが、
非標準の属性なので、この属性を適用するかは、
サイト制作の案件ごとに判断したり、
依頼者との話し合いをしたりなどは必要でしょう。

ちなみに、ほとんどのモダンブラウザは対応しているようです。



オートコンプリートを明示的にONにする場合。

<input type="text" name="textfield" id="textfield" autocomplete="on" />

オートコンプリートを明示的にOFFにする場合。

<input type="text" name="textfield" id="textfield" autocomplete="off" />

だいたい、こんな感じ。

※HTML記述とブラウザの設定どちらが優先かはブラウザによって異なる様子。

IE8のレンダリングモード

IE8のレンダリングモードについて。

用意されたレンダリングモードは全部で3つ。

・IE8標準モード
・IE7標準準拠モード
・互換モード

2つ目までは、まんま。
「互換モード」はIE5系統と「互換」モード。(←IE7までもあった。)

3つもあるのか・・・。
IE9の話がそろそろ出てきているけど、
そのときはIE8互換モードというのができているのかな・・・。
制作者泣かせ。
(そういえば、8の次はIEシリーズをやめて、
 C#で開発した新ブラウザになるなんていう話もありましたね)

ちがいはCSSのプロパティのサポート範囲だと思うのですが、
IE8については、リリースされたばっかなのでまだ特有の不具合とかあるかもしれないです。

(IE7のときは、SJISで書かれたサイトが真っ白になるという妙な不具合がありましたね。
 最近は不具合の多いSJISでサイト作ることは少なくなったのでいいと思いますが。)



レンダリングモードの選択は、METAタグでやります。

DOCTYPE宣言で切替もできるみたいなんですが、

大体、レンダリングモードに関わらず同じDOCTYPE宣言すると思います。
(ちなみに、DOCTYPE宣言をつけないと勝手に互換モードになるので、
 つけたほうがいいですね。)

で、書くMETAタグは、

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="値" />

です。
「値」のところへ採用するレンダリングモードを書きます。

IE=8 IE8レンダリングモード
IE=7 IE7レンダリングモード
IE=5 互換モード。
IE=EmulateIE8 DOCTYPE宣言に基づいて、
IE8モードか互換モードでレンダリング
IE=EmulateIE7 DOCTYPE宣言に基づいて、
IE7モードか互換モードでレンダリング

「IE=8」や「IE=7」にすると、柔軟性がなくなってしまうので、
「IE=EmulateIE8」「IE=EmulateIE7」にするのが妥当でしょうか。

2009年6月現在では、
HTMLなら

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

XHTMLなら

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

あたりで、DOCTYPE宣言した上で、

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7" />

としておいて方が無難かなと思います。

受注開発ソフトに関する利用規約・免責

有限会社キープラン(以下弊社)が受注・開発したソフトウェア(以下ソフト)の
利用にあたって、以下のことをお守りください。

・ソフトを利用した上で被ったすべて損害に関して、
 法令の定めるところに基づき、
 ソフト納入に関して支払った代金を上限として、
 弊社は賠償請求に応じるものとする。

・ソフトの改変・譲渡・複製・売買は、
 弊社の合意の下で認めます。
 ただし、納入先事業者(個人事業主の場合は事業主のみ)における、
 納入先事業者管理のPCまたはサーバーの利用においてのみ、
 弊社の許可なしにソフトの改変のみ可能とします。

・サポートの範囲について
 ソフトのサポートの範囲は、
 弊社瑕疵におけるバグ・動作不良のみとします。
 ただし、個々の事案において、弊社が無償での対応可能とした場合は、
 この限りではありません。

・サーバー条件に関して
 弊社開発のソフトは、
 受注当初納入予定のサーバー条件に合わせて、チューニングを行っております。
 サーバー移転、サーバーOS変更に伴う、動作不良は、
 有償サポートとさせていただきます。

・サポート方法について
 弊社とECコンサル契約を結ぶ場合
  Eメールまたはお電話にてサポート対応いたします。
 弊社とECコンサル契約を結ばない場合
  特に緊急を要さない限り、Eメールにてサポート対応いたします。
 サポート担当
  有限会社キープラン 開発担当:伊藤清徳(いとうきよのり)
  TEL:052-528-2870 Email:ito@keeprun.co.jp

・運用における責任
 納入後のソフトの運営に関してのすべての責は、
 運用事業者が負うものとします。

・レンタル業務について
 ソフトを利用してのレンタル業務は禁止します。
 ただし、弊社が許可した場合はこの限りではありません。

・そのほか
 以上の事項に関して、
 納入先事業者の許可なく、弊社の手により変更できるものとします。